<ins id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><thead id="dn7h3"></thead><thead id="dn7h3"></thead>
<var id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"></ruby></var>
<listing id="dn7h3"></listing>
<cite id="dn7h3"><span id="dn7h3"></span></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<thead id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><progress id="dn7h3"></progress></ruby></thead>
<thead id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></thead>
<cite id="dn7h3"><video id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></video></cite> <progress id="dn7h3"><del id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><var id="dn7h3"><i id="dn7h3"></i></var><listing id="dn7h3"></listing>
<var id="dn7h3"></var><video id="dn7h3"><th id="dn7h3"><cite id="dn7h3"></cite></th></video>
<cite id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></ruby></cite>
<listing id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></listing>

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療?予防  > 一から学ぶ、認知症  > 認知症と間違われや?#24037;ぁ?#39640;齢発症てんかん?#24037;盲皮嗓螭?#30151;状?
印刷

一から学ぶ、認知症

認知症と間違われや?#24037;ぁ?#39640;齢発症てんかん?#24037;盲皮嗓螭?#30151;状?

本人?家族がてんかん発作を見逃さないように?#24037;毪長趣?#22823;切

 伊藤左知子=ライター

「てんかん?#24037;趣いΔ取ⅰ?#23567;児に起こる病気」「発作を起こ?#24037;取?#24847;識を失い全身がけいれん?#24037;搿工趣い盲駿ぅ岍`ジが強いが、成人になってから発症?#24037;?#22580;合や、全身けいれんを伴わない場合もある。特に年をとってから発症?#24037;搿?#39640;齢発症てんかん?#24037;稀?#24613;?#34928;堠`ッとした顔になったり、ふらふらと歩き回ったり?#24037;毪長趣?#35469;知症と間違えられや?#24037;?#27835;療が遅れることも……。知っておきたい高齢発症てんかんの特徴と治療法を紹介?#24037;搿?

一見?#24037;毪?#35469;知症、でも実は「てんかん?#24037;坤盲郡趣いΔ長趣玀ⅳ毪瑜Δ扦埂#ēぅ楗攻取?#24179;井さくら)

てんかんは高齢者にも多い病気

 てんかんは小児に特有の病気?#20154;激銫欷瀝坤?#20840;患者数の約4割を高齢者が占めるといわれ、高齢化により、その割合は年々増加している。

 全国の急性期病院からなる医療情報データベー?#24037;?#29992;いた研究によれ?#23567;ⅳ皮螭?#24739;者の年齢分布は、18歳未満は17%、18歳以上65歳未満は39%、65歳以上は44%だった(図1)。

全国の急性期医療機関を2008年4月から2016年12月に受診した患者のうち、てんかんの病名があり抗てんかん薬を処方された患者7万2582人が解析対象(出典:Akamatsu, et al.Asian & Oceanian Epilepsy Congress. 2018)
[画像のクリックで拡大表示]

 もとも?#21462;ⅳ皮螭螭?#30330;症は小児に多く、成人になると減少?#24037;毪?#21152;齢とともに再び増加?#24037;毪長趣?#30693;られている(図2)。

先進国での65歳以上のてんかん発症率は高く、アイスランドでは10万人当たりの初回発作の発症率が全年齢で56.8、最も低い35~44歳が31.9だったのに対し、65~74歳では70.5、75~84歳では168.5だった(出典:Lancet Neurol. 2005;4:627-34.)
[画像のクリックで拡大表示]

 65歳以上の高齢者のてんかんには、小児期や青年期に発症して完治していない「てんかん患者の再発による高齢てんかん?#24037;取?5歳以上の高齢者になってから、初めててんかんを発症?#24037;搿?#39640;齢発症てんかん?#24037;ⅳ搿?

 てんかんの原因は、小児期は先天性が最も多く、成人では脳腫瘍や外傷、高齢発症てんかんでは脳卒中や動脈硬化などによる脳血管障害や神経変性疾患が多くなるが、画像検査等を行っても明らかな異常が見つからない場合も少なくない。

 つまり、高齢発症てんかんは、それまでてんかんとは無縁だった人でもなり得る病気というわけである。

高齢発症てんかんの特徴は?

 そもそも、てんかんとはどういう病気だろうか。私たちは通常、大脳の神経細胞から発せられる電気的なシグナルによって、思い通りに手足を動かしたり、考えたり?#24037;毪勝嗓?#27963;動を行うことができる。この電気的なシグナルが何らかの原因により乱れることで、一過性のてんかん発作が起こる。てんかんは、このてんかん発作を繰り返し起こす脳の病気である。

 てんかん発作という?#21462;?#24847;識を失って全身がけいれんを起こすイメージが強いが、それは小児の場合に比較的多く見られる症状で、高齢発症てんかんでは、体の一部のみがビクンと?#24037;毪玀巍?#24847;識がぼやけてボーっと?#24037;毪玀巍?#22818;遊病者のように歩き回るものなどが多く、激しい全身けいれんなど特徴的な症状が出ない場合も多いという。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連?#24037;?#35352;事

医療?予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「股関節?#24037;?#20840;身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右?#24037;?/em>

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷?#24037;丹欷皮い?#38306;節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力?#24037;?#32173;持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

  • 「糖尿病?#24037;?#20104;備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖?#24037;洹?#34880;糖値スパイク?#24037;盲疲?気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラ?#24037;搿ⅳ瑜?#30496;れないという症状が表れる。こうした状態を放っておく?#21462;?#36523;体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ?エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット?食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療?予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)?#24037;?#20250;員登録?#24037;毪?..

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事が?#24037;伽?#35501;める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

香港六合彩大全
<ins id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><thead id="dn7h3"></thead><thead id="dn7h3"></thead>
<var id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"></ruby></var>
<listing id="dn7h3"></listing>
<cite id="dn7h3"><span id="dn7h3"></span></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<thead id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><progress id="dn7h3"></progress></ruby></thead>
<thead id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></thead>
<cite id="dn7h3"><video id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></video></cite> <progress id="dn7h3"><del id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><var id="dn7h3"><i id="dn7h3"></i></var><listing id="dn7h3"></listing>
<var id="dn7h3"></var><video id="dn7h3"><th id="dn7h3"><cite id="dn7h3"></cite></th></video>
<cite id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></ruby></cite>
<listing id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></listing>
<ins id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><thead id="dn7h3"></thead><thead id="dn7h3"></thead>
<var id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"></ruby></var>
<listing id="dn7h3"></listing>
<cite id="dn7h3"><span id="dn7h3"></span></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<cite id="dn7h3"></cite>
<thead id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><progress id="dn7h3"></progress></ruby></thead>
<thead id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></thead>
<cite id="dn7h3"><video id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></video></cite> <progress id="dn7h3"><del id="dn7h3"><noframes id="dn7h3"><var id="dn7h3"><i id="dn7h3"></i></var><listing id="dn7h3"></listing>
<var id="dn7h3"></var><video id="dn7h3"><th id="dn7h3"><cite id="dn7h3"></cite></th></video>
<cite id="dn7h3"><ruby id="dn7h3"><listing id="dn7h3"></listing></ruby></cite>
<listing id="dn7h3"><dl id="dn7h3"></dl></listing>